私のバスト成長

初めてバストサイズを測った年齢は小学校5年生の時に友達がスポーツブラをしていたので、母親に相談したことがきっかけです。まだ大きくはなっていませんでしたが、男子との着替えが同じ部屋だったので恥ずかしいと思っていました。スポーツブラを買ってもらったので、カップ数はなく160のサイズを買ったと思います。
中学生になりスポーツブラではなく、中学生らしいブラをつけるようになりました。中学一年の時点で下着屋で測ってもらい、Aカップでした。周りの友達でバストが大きい子もいたので、自分も大きくなるのかな?と思っていました。
高校生になり高校一年の時点で下着屋で測ってもらった時にはBカップでした。このまま成長しないのかと少し焦りました。ティーン雑誌を見て、鶏肉を食べたり牛乳を飲んだり彼氏に触ってもらったりしました。その結果、高校三年の時点でCカップになりました。しかし胸が外向きに離れていた為、見た目はAカップで服を着ても胸がペタンコで悩んでいました。
大学生になり、鶏肉を食べたりなどは続けていました。胸が外向きだったので、胸筋を鍛えるように筋トレも始めました。その結果Dカップになりました。多少胸が内向きになって谷間もできるようになり、服を着るのも楽しくなりました。バストの成長と多少の筋トレや彼氏とのハッスルで女性ホルモンを発することで大きくなることが分かりました。

やや遅めですが胸は大きくなりました

胸に違和感を覚えるようになったのは10歳頃からでしたが、初めての生理が他の人と比較してかなり遅めだったので、少しずつ胸が膨らみだしたのは12歳頃です。ただ、この時はまだAカップくらいで、スポーツブラをずっと着けていました。初経を迎えたのは15歳の時で、Bカップくらいになり、この頃から身体を動かすと胸が痛かったです。普通のブラジャーを着けるようになったのは16歳頃でCカップに成長しました。ここで成長が終わるのかなと思いきや、18歳頃にはDカップになり、24歳になるとE~Fカップを前後するようになりました。周りからも「胸が大きいね」と言われるようになり、これ以上は大きくならないようダイエットを始めました。

私のバスト成長記録

初めてバストサイズを測ったのは小6の時でした。
その頃は既に人より大きいかなぁと思い、また友達からもそう言われていたのでちょっと嫌だったかも。
きっと恥ずかしかったんだと思います。
ブラを母に買ってもらうのにショップで測ってもらったところCカップでした。

本当は可愛いワイヤーブラが欲しかったのに、母が買ったのはワイヤーなしのスポーツブラ。
「成長期に締め付けると胸が育たない」というのが母の持論でした。

そのお陰なのか?大学生の頃にはDカップありました。
ちょうどその時期に体重が4キロくらい減ったのに、バストサイズは変わらなかったです。

成長期は過ぎたし、もうバストサイズは変わらないだろうと思いきや、25歳の頃にやはりショップで計測してもらうとEサイズになってました。
大学生の頃から更に2キロ程度痩せたのに、バストサイズは落ちなかったみたいです。

なんで大人になってからも大きくなったのかなぁと考えてみると、一つはやっぱり恋愛経験を重ねたからでしょうか(笑)。
女性ホルモンがたくさん出たんでしょうね。
あとはやっぱり、大人になってからも母の「締め付けると胸が育たない」という言葉が心のどこかに残っていて、時々ブラトップなど胸にとって楽なインナーを身につけていたことだと思います。

中学生の時に大きくなりました

小学生の時は胸はすごく小さくて、このままのサイズだったらどうしようと感じていました。
生理が始まった中学一年生の時もあまり変わらず小さいままだったのです。
周りの子は大きい子もいたので、ブラジャーを付けたりして胸のサイズを誤魔化していました。
中学2年生の時に少し大きくなったように感じたので、胸のサイズを測ることにしたのです。
測ってみたけれど、Aカップでした。
中学3年生の時には、Bカップになりました。
特に何かをしたことはないですが、食欲がありお菓子を毎日のように食べていたのです。
チョコレートや食後にラーメンを食べたりもしていました。
牛乳を一日に2杯程飲むようになり、自然と大きくなっていたように感じます。
高校生の時にはCカップになりました。
周りの子はダイエットしようとしている人もいましたが、私は特に食事制限をすることはありませんでした。

バスト成長記録

小学校5年生の頃に, 初経があったころに初めてブラジャーをつけるようになりましたが,
その頃はAカップでした. ブラジャーをつけることよりも, 月経が始ったことへの戸惑いが大きく,
そのときのことは, あまり覚えていません.
参考サイト:プエラリアサプリ
中学校3年生のときにはBカップになっていました. 周りの友だちでは, もっと大きい子がいたので, これ以上大きくなるのかと
不安に思うことがありました.
高校入学とともに, 新しい下着を購入しようと母親とお店に行ったときには, Cカップになっていました.
アンダーが細いこともあって, カップは大きくなってしまうのですが, 自分自身鳩胸なので,
あまり大きい感じはしませんでした.
大学2年のときに, それまでのCカップでは胸の脇のあたりにワイヤーが組み込むようになって,
痛みを感じるようになっていたので, 再度計測してもらうと, Eカップをつける方がいいとすすめられました.
胸だけみているとそんなに大きくはないので, 不思議に思いながらつけています.

自分の胸を知ること

【周囲に流されスポーツブラをつけ始めた6年生】
私がバストについて気になりだしたのは小学校6年生の頃、同級生がブラジャーを着けていたことがきっかけでした。既に初潮を迎えており背も比較的高く、発育は進んでいた方なのですが案外それまで胸に関しては無頓着でした。周りがスポーツブラを付け始める中「必要だから」というよりは大人っぽい友達に「影響されて」ブラをつけるようになりました。

【擦れるだけで痛い!胸の成長期】
胸が本格的に成長しだしたのは中学校に入学してからでした。走って胸が揺れたり、胸に何かが当たるだけで激痛が走るようになりました。当時は気づいていなかったのですが、今思えばこれが胸の発育期だったのかなと。胸の先端あたりにボールでも入っているのかと、そんな感覚でした。安物のスポーツブラでは対処しきれなくなり、母に頼んでちゃんとしたブラを買いに行くことになりました。といってもちゃんとお店などで計測することはなく、だいたいこれぐらいだろうというかんじでBかCあたりのブラをしまむらで適当に選んでいました。今思えばその時点でちゃんと測っとけと思います。

【?せ型巨乳?意外な魅力再発見】
ブラが合ってないとようやく気付き、ちゃんとお店で計測することになったのは高校に入学する少し前くらいのことでした。当時?せ型体型で、ちゃんと計測した結果、アンダー65、カップはEというなかなかなグラビア体型であることが判明しました。どうりで適当に買ったブラでは合わないわけです。こういったサイズのブラは専門のお店に行かないとなかなか売ってないので、これがきっかけでそういったショップを利用するようになりました。専門のショップの方が可愛いブラもたくさんあるので、早く行っとけば良かったと後悔しました。

【ハードな部活、しぼむ胸】
高校に入学し吹奏楽部に入部したのですが、そこがなかなかの体育会系。朝練休日練当たり前、腹筋背筋などの筋トレも行われ、もともと?せ型だった体型がさらに痩せていき、それに伴って胸もしぼんでいってしまいました。体育の時も胸が揺れないよう押さえて走っていたのですが、努力の甲斐虚しくEカップのブラがブカブカになり、再びちゃんと測ったらD65ほぼCに近かった記憶があります。急激な痩せは胸の大きさにも影響すると思いました。

【外食三昧、増える体重、増えない胸】
大学に入学して、ハードな練習をしなくなり、飲み会やらで外食する頻度が急増しました。その上付き合った彼がよく食べる。それに合わせていたら気づけば体重が10kgも増加してしました。しかし胸のサイズは変わらない。65だったアンダーはほぼ75に、カップサイズはさほど変わらずDのままでした。痩せればしぼむけど太っても膨らまない胸。都合よくはいかないものです。

【自分の胸を知ること】
今考えて大切だと思うのは、自分の胸を知ること。私は最初ろくにサイズを測らずブラ着用していたので、窮屈に感じることも多かったし、それでバストの形もかわってくると思います。こまめにサイズを測り直し、自分にフィットするブラを着用することがきれいな胸をつくることに繋がると考えています。あとは体重変化。ダイエットのしすぎは胸をしぼませる可能性がありますが、太ったら元に戻るわけではないので注意が必要です。

成長とともに順調にサイズアップしました

私がはじめてバストサイズを計ったのは、学校で行う身体検査だと思います。小学生の4年くらいのときから膨らみ始め、Aカップくらいだったと思います。成長期だなとかんじました。胸がよく痛くなりました。中学の時はBカップくらいで、周りとだいたい同じ、平均的だと思いました。小さくも大きくもなかったです。高校生の頃は、Cカップくらいで、決して小さくはない感じがしました。大学生になると、Dカップ以上になりました。ブラがきつくなり、張りもでてきたので、ブラウスとかを着ると目立つなと感じました。バストサイズの成長期に関係しているのは、わかりませんが、牛乳を小さい頃からたくさん飲んでいました。乳製品が昔から大好きです。これまでの人生でバストサイズが気になったのは、彼氏ができたときや、水着を着なければならないイベントの仕事をした時などです。

20歳を過ぎてやっと人並みに

学生時代はがりがりなタイプだったので胸の大きな女性に憧れていました。中学時代から周りに合わせそれほど必要でもないのにスポーツブラをつけ始め、高校はブラジャーですが、Bカップのものを使っていました。せめてCとかになりたいなと思っていましたが、自分には無理かなとバストアップの努力は特にしていませんでした。その後は少しCよりにもなり20歳の頃はCカップを使いもうここで自分の成長は終わりかなと諦めていましたが、いつのまにかD,Eになりました、特に何かしたわけではなく、恋をしたことぐらいでしょうか。それ以外心当たりはありませんが、細いわりにはまあまあかなというバストを手に入れることが出来ました。
しかい子どもを産んで授乳で育ててからはしぼんでしまい今はCカップ位です。

バストについてとてもコンプレックスを持っています

私が初めてバストサイズを気にしたのが、小学5年生の頃でした。その理由は、成長期特有のしこりが出来たからです。
女性ならみなさん経験があると思いますが、あのしこり痛くてたまらないんです。痛いほど胸が大きくなると噂だったので、その頃から自分で測定していました。
しかし、小学生の間はAAカップでしこり分だけ膨らんでいる感じでした。
中学に入り制服になるので下着も初めてブラジャーを購入することになり、ちゃんとした専門のお店でサイズを測定して、Aカップでした。
そのあと大きな変化はなく高校生になるころにやっとBカップまで成長してくれました。
しかし、その後私の胸の成長は止まりBカップのままでした。胸のふくらみよりも、乳首の膨らみの方が進み今でも胸より乳首が大きくものすごくコンプレックスです

私のバストサイズの変化について

女性なら誰しもが一度は気にするバストサイズですが、私が小学生の頃は自分の体の変化に対して疎く、6年生、12歳のころに親に促されてブラジャーを買いに行った下着屋さんで図ったのが最初でした。当時からぽっちゃり体系だったので、カップにするとAカップでしたが胸囲は75㎝でした。この頃は他人と比べる機会も少なく、自分のバストサイズに特に何も感じていませんでした。その後中学2年生の時に下着を新調するために再度下着屋さんで図るとBカップでした。このころ自分の周囲にはすでにDカップの友人がいたため、自分の胸の小ささに少し悔しさも感じていました。それからは成長期だったこともあり、食べることの好きだった私は中学3年生の時には身長147㎝にして体重55㎏とかなり太っていたのですが、そのおかげか高校1年生の時に下着屋さんで図るとCカップになっていました。当時は周囲の友人にBカップくらいの友人が多かったため、平均よりは大きいのかな、と感じていました。その後高校2年生のころには初めて彼氏ができ、自分以外の人間にバストを触られる機会が増え、それまで以上にバストサイズを気にするようになりましたが、特に変化はありませんでした。しかし、高校3年生になると受験のストレスでまたしてもかなり体重が増加し、大学1年生の春に身体測定で図ったところDカップになっていました。しかしこの頃には「バストは大きさより形の方が大事」と思っていたので、大きくなったことの喜びより、大きくなっていくにつれ重力によって形が崩れるのでは?と不安でした。幸か不幸かそれから大学4年生の現在まで、多少体重の増減によってCカップとDカップの間を行き来することはありますが、とくに大きく変化することはありません。
バストサイズに関しては賛否両論あるかと思いますが、やはり自分が一番バストサイズを気にしたのは、異性の目に触れる時だったと思います。パートナーに触れられたりする時以外でも、水着を着るときやボディラインの出るような服を着る時には、やはり無いよりは有る方がいいよね、と。自分では特にバストが大きくなるようなマッサージをしたりサプリを飲んだりなどということはしませんでしたが、今ふりかえってみると、サイズアップした時期は自分の体重が著しく増えたときと一致していて、体のいろんな部分が成長する時期にしっかりと栄養を取っていたことが理由なのではないかと思ってます。