あたいのチッパイ

こんにちは。はじめまして。
私と私の胸について語りたいと思います。
題名にある通り、私の胸はチッパイ。小さなおっぱいです。
Aカップのまま成長をやめてしまったのです。
そう、あれはまだ友達との差がない幸せ小学校時代の事です。
初めてブラジャーを買ったのです。スポブラってやつです。
周りもブラジャーをつけ出して自分もつけたかった小学5年生。
中学に上がると色々な所から生徒が集まるので胸が大きい子そうでない子、様々でした。
私はというともちろん後者、そうでない子でした。
それでも特に自分の胸に不満は大して無かったのです。
そんな私も高校に上がると胸に不満が出てきます。そこそこ胸がある子が羨ましいと感じるようになってきたのです。
それは恐らく異性を意識しての事なのでしょう。
小学生時代を共に過ごした友人達、スタートラインは一緒だったのに、君達は立派に成長したものですね。
私はと言うと相変わらずAカップのままなのです。
しかし、高校卒業すると、この胸もコンプレックスから一歩前進したのです。
そう、私はスレンダーなタイプの女性になろう!と。
実際、バストアップのサプリやら体操やら試してましたが半ば諦めてたのです。だって母がチッパイんですもの。
しかし、そんな母も「授乳時期は大きかった」と、そう言っておりました。
ならば私もそうなのだと、その当時は思っておりました。
しかし現在1歳児を育てる母となりましたが、おかしなことに、チッパイのままなんです。
おかしいですね。チッパイんです。
でも授乳で困ったことはありません。小さくてもちゃんと働いてくれました。そこは母に感謝です。
これからもたぶんずっとチッパイ。
娘が大きくなってチッパイの道を歩む時は、是非チッパイの生き方をアドバイスしようと思いました。
・・・でもやっぱり悩殺ボディにも憧れます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *