子供のころからぽっちゃり体型

小学校高学年に差し掛かったある日、母がハーフトップのスポーツブラを買ってきてくれました。ぽっちゃり体型でしたので、半袖の季節などバストトップが透けて見えるのは恥ずかしいことだと言われしぶしぶ着用を始めました。その当時で160サイズの子供用のものです。中学生時代は下着を自分で購入することには抵抗があったので、もっぱら母が見立てたサイズのスポーツブラを着用していました。中3当時で、Lサイズでした。ぽっちゃり体型で、カップから乳房のお肉がはみ出ているのが気になっていました。また、体育の時間に走ると胸が揺れたりするのも嫌でした。高校生になり偶然通りかかった下着売り場で思春期の子供用のパンフレットを見て初めてサイズを図ってもらい、D75といわれ、そのサイズのブラを着用したらぴったりフィットして驚きました。中学時代は文化部でしたが、高校からは弓道部に入ったので、弓を引く右側の乳房が若干大きくなってしまいましたが、たまに測ってもらうとD75サイズと言われるのでそのサイズで通してきました。その後身長、体重共に対して増減もなく10年ほどたち、結婚して出産した後、産後太りでF80サイズまで大きくなりました。Fサイズともなると、ぴったりしたTシャツやブラウスを着た時に胸のラインが響いてみっともないです。現在は40代に差し掛かろうとしています。サイズはF75なのですが、このサイズはなかなか廉価なものが無く、探すのに苦労するので、比較的手に入りやすいD80サイズを着用することが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *