成長とともに順調にサイズアップしました

私がはじめてバストサイズを計ったのは、学校で行う身体検査だと思います。小学生の4年くらいのときから膨らみ始め、Aカップくらいだったと思います。成長期だなとかんじました。胸がよく痛くなりました。中学の時はBカップくらいで、周りとだいたい同じ、平均的だと思いました。小さくも大きくもなかったです。高校生の頃は、Cカップくらいで、決して小さくはない感じがしました。大学生になると、Dカップ以上になりました。ブラがきつくなり、張りもでてきたので、ブラウスとかを着ると目立つなと感じました。バストサイズの成長期に関係しているのは、わかりませんが、牛乳を小さい頃からたくさん飲んでいました。乳製品が昔から大好きです。これまでの人生でバストサイズが気になったのは、彼氏ができたときや、水着を着なければならないイベントの仕事をした時などです。

20歳を過ぎてやっと人並みに

学生時代はがりがりなタイプだったので胸の大きな女性に憧れていました。中学時代から周りに合わせそれほど必要でもないのにスポーツブラをつけ始め、高校はブラジャーですが、Bカップのものを使っていました。せめてCとかになりたいなと思っていましたが、自分には無理かなとバストアップの努力は特にしていませんでした。その後は少しCよりにもなり20歳の頃はCカップを使いもうここで自分の成長は終わりかなと諦めていましたが、いつのまにかD,Eになりました、特に何かしたわけではなく、恋をしたことぐらいでしょうか。それ以外心当たりはありませんが、細いわりにはまあまあかなというバストを手に入れることが出来ました。
しかい子どもを産んで授乳で育ててからはしぼんでしまい今はCカップ位です。

バストについてとてもコンプレックスを持っています

私が初めてバストサイズを気にしたのが、小学5年生の頃でした。その理由は、成長期特有のしこりが出来たからです。
女性ならみなさん経験があると思いますが、あのしこり痛くてたまらないんです。痛いほど胸が大きくなると噂だったので、その頃から自分で測定していました。
しかし、小学生の間はAAカップでしこり分だけ膨らんでいる感じでした。
中学に入り制服になるので下着も初めてブラジャーを購入することになり、ちゃんとした専門のお店でサイズを測定して、Aカップでした。
そのあと大きな変化はなく高校生になるころにやっとBカップまで成長してくれました。
しかし、その後私の胸の成長は止まりBカップのままでした。胸のふくらみよりも、乳首の膨らみの方が進み今でも胸より乳首が大きくものすごくコンプレックスです

私のバストサイズの変化について

女性なら誰しもが一度は気にするバストサイズですが、私が小学生の頃は自分の体の変化に対して疎く、6年生、12歳のころに親に促されてブラジャーを買いに行った下着屋さんで図ったのが最初でした。当時からぽっちゃり体系だったので、カップにするとAカップでしたが胸囲は75㎝でした。この頃は他人と比べる機会も少なく、自分のバストサイズに特に何も感じていませんでした。その後中学2年生の時に下着を新調するために再度下着屋さんで図るとBカップでした。このころ自分の周囲にはすでにDカップの友人がいたため、自分の胸の小ささに少し悔しさも感じていました。それからは成長期だったこともあり、食べることの好きだった私は中学3年生の時には身長147㎝にして体重55㎏とかなり太っていたのですが、そのおかげか高校1年生の時に下着屋さんで図るとCカップになっていました。当時は周囲の友人にBカップくらいの友人が多かったため、平均よりは大きいのかな、と感じていました。その後高校2年生のころには初めて彼氏ができ、自分以外の人間にバストを触られる機会が増え、それまで以上にバストサイズを気にするようになりましたが、特に変化はありませんでした。しかし、高校3年生になると受験のストレスでまたしてもかなり体重が増加し、大学1年生の春に身体測定で図ったところDカップになっていました。しかしこの頃には「バストは大きさより形の方が大事」と思っていたので、大きくなったことの喜びより、大きくなっていくにつれ重力によって形が崩れるのでは?と不安でした。幸か不幸かそれから大学4年生の現在まで、多少体重の増減によってCカップとDカップの間を行き来することはありますが、とくに大きく変化することはありません。
バストサイズに関しては賛否両論あるかと思いますが、やはり自分が一番バストサイズを気にしたのは、異性の目に触れる時だったと思います。パートナーに触れられたりする時以外でも、水着を着るときやボディラインの出るような服を着る時には、やはり無いよりは有る方がいいよね、と。自分では特にバストが大きくなるようなマッサージをしたりサプリを飲んだりなどということはしませんでしたが、今ふりかえってみると、サイズアップした時期は自分の体重が著しく増えたときと一致していて、体のいろんな部分が成長する時期にしっかりと栄養を取っていたことが理由なのではないかと思ってます。

小さい胸がコンプレックスだったのに

小学6年の時、周囲がブラジャーをつけ始め、私もそろそろブラジャーをつけても良い時期だと思い買いに行きました。店の人にサイズを測ってもらうと、トップもアンダーも70センチで、お店の人に「Aカップもない。合うブラジャーなんてこの世にないから必要ない。」と言われ、悲しくて泣きながら買わずに家に帰りました。
中学2年の頃、急に胸が膨らみ始め、お店で量ると80センチのCカップでした。当時、男子が胸が大きい子を見ながら「ゆれてる。」と言っているのを聞いて、大きくなってうれしいと思う反面、恥ずかしい気持ちがありました。
高校1年になると92センチのEカップにまで成長し、大きすぎて恥ずかしくて抑え込むようなブラジャーをしていました。
初めてバストのサイズを測った時は、早く大きなバストになりたいと思っていましたが、Eカップにまで成長すると、初対面で女性は「胸が大きいね。」と言いますし、男性はチラチラ胸を見ているような気がして嫌でした。これなら小さい方が良かったと思いました。バストの成長は、身長を伸ばしたくて大量に飲んでいた牛乳と、中学校に入学して部活を始めて動く量が多くなったからではないかと思っています。

中学入学から現在までの私のバストサイズ遍歴

私は30代後半の主婦です。私が最初に本格的にバストサイズを測ったのは中学に入学する時です。デパートの下着売り場のスタッフさんに計ってもらい、Aカップでした。初めてブラジャーを手に入れられることや、私のバストもブラジャーをするほど成長したということに、少し大人になった気持ちでした。高校生の頃は学校の身体測定でバストを計測し、Bカップに成長。ただし体の成長が止まりつつあったので、バストもこの位までが限度かと思いました。大学生の頃、初の彼氏ができて体の関係を持つようになった頃に自分で測るとCカップに!女性らしいバストサイズになって嬉しかったです。その後結婚し妊娠・出産を経験。完全母乳でしたが授乳をしていた頃もあって、その頃は自分で測ると人生で一番大きくDカップに。授乳を終えた途端バストは急激にしぼみ、現在はAカップに戻ってしまいましたが、子供たちを完全母乳で育てた印と考えるようにしています。振り返ってみるとバストサイズは女性ホルモンに大きく関係あるのだと思います。

バストサイズの変化と気持ち

私が最初にバストサイズを測ったのは、おそらく小学6年生の頃だと思います。周りの子たちがブラジャーを付け始めたのと、体育のときに胸が揺れるのが気になってきたので、母に言ってブラジャーを買いに行き、そこで測ってもらいました。そのときはAカップだったと思います。そのときはなんとなく恥ずかしいな~と感じました。
その後は、そのときどきの成長に合わせて自分で適当にブラジャーを買っていたため、次にきちんとサイズを測ったのは大学生のときです。Dカップのブラジャーをしていたのですが、店員さんにEをした方が良いと言われてすごく驚きました。でも確かにそっちの方が胸の形が良く見えたんですよね。
今まで特にバストを大きくしようと思って何かをしたことはありませんが、小さい頃は水の代わりにといっていいほどよく牛乳を飲んでいたので、それが何か関係しているのかもしれません。
今の夫にアプローチしていたときにこの胸を使ってどうにかできないかと考えたことはありますが、人生でそれほどバストサイズを気にしたことはないように思います。